Trim Saver

製品の特長

1) 使用目的

この装置は、ダブルフェーサから蛇行して出てくるシートをキャッチして、WACS同様のガイドを実行します。

スリッタースコアユニットのセンターへ正確に送り、トリムを最小化することにより排出されるロスを最小限に抑えます。

後方に設置するカメラセンサーが、ユニット交代時の誤差やカッター先で発生する偏った牽引による蛇行を検知して、修正ガイド補正を行います。

プレプリンティング作業時においても、ラインマークから逸脱することなく正確なカットを実行して、作業効率と生産性を向上させます。

  • i.精密なガイド機能に加えて、トリムセーバー本体ユニットの移動、もしくはスリッタースコアラーユニットの移動制御、その両方のシンクロ移動制御を構えることにより、シート走行の挙動に対して万全の対応と制御を行います。
  • ii.下段ホイール駆動機能を持っており、スリッタースコアラー後方へシートをスムーズに送ることができます。
  • iii.スリッタースコアラー前方と後方の両方で発生する蛇行に有効な補正機能を持っており、高い精密度を維持します。
  • iv.最小機械幅450mmで、工場の空間に合わせた製造が可能です。

2) トリムセーバーの役割

ダブルフェーサから出てきたシートのガイドを実行、S/Sへ向かうシートのセンター線を維持します。

S/Sユニットをほとんど動かすことはありませんが、一定の範囲を超えて蛇行を検知すると、トリムセーバー本体ユニットが左右に移動してガイド精度を維持します。

さらに蛇行を検知するとS/Sユニットの制御を実行、トリムセーバー本体ユニットとS/Sユニットのシンクロ制御を展開する3段構えにより、精密なトリム管理を行います。

Trim Saver

3) 機器構成

  • 本体ユニット(メイン盤/操作盤内蔵)
  • スリッタースコアラー制御エンコーダーモジュール
  • 脱着台車(オプション)
  • プレプリンティング支援機構(オプション)
Trim Saver

4) 設置位置

Trim Saver                    

製品仕様

Trim Saver

参考映像

https://www.youtube.com/channel/UCjY2R5-KrLuHFdFn-q0A3Ww/featured